お客様と共に「ブレイクスルー・成長」を起こす企業として貢献し続けます!

この想いを一言に集約したのが、「DXで、働くを幸せに」です。

TAKAYAMAは中小・中堅企業専門
サイバーセキュリティ対策支援会社です。

宮城県警警察本部サイバーセキュリティ講演受託回数3回。講演100回超、5,000名以上に講演を実施。

サイバーセキュリティのプロフェッショナルとして、NHKなどのメディアへ出演。

サイバーセキュリティ対策導入実績200社以上。国家試験情報セキュリティマネジメント資格保有者3名在籍。

TAKAYAMAのサイバーセキュリティ対策チェックリスト
  • Check1 定期的に社員にサイバーセキュリティ対策勉強会をしている
  • Check2 自社のサイバーセキュリティ対策について経営者が理解している
  • Check3 常にOS・ソフトウェアが最新化になる仕組みが出来ている
  • Check4 サイバーセキュリティ対策の情報を定期的に収集し、PDCA を回している
  • Check5 不正送金、ランサムウェア、Emotet 対策が万全に出来ている

NICTERで1年間に観測された
サイバー攻撃回数

セキュリティ事故
報告件数の推移

国内のフィッシング被害の
届け出件数

NICTERで1年間に観測された
サイバー攻撃回数

セキュリティ事故
報告件数の推移

サイバー攻撃による想定損失額の目安

個人情報漏洩による金銭被害

80億円

法令違反による制裁金

40億円

純利益への影響

10.5億円

サイバーセキュリティの3大事実

  1. 90%以上の中小企業にサイバー攻撃を受けている
  2. サイバー攻撃の多様化が進み、もはやウイルス対策ソフトだけでは守りきれない
  3. サイバー攻撃は防御が弱い箇所から感染が拡がっていく

Emotet(エモテット)は、主にメールに添付されたWordファイルやリンクを開くことで感染するウイルスのことを指します。

Emotet に感染してしまうと、端末やブラウザに保存されたパスワード等の認証情報が盗まれしまったり、アカウントが悪用され、Emotet の感染を広げるメールが送信されてしまいます。

自社の「資産」「信用」を失う可能性があるため、しっかりと対策を行うことが重要です。自社の社員や取引先担当者に「なりすまして」ウィルス付きメールを送ってくるEmotet ですが、まずは「自分(自社)は被害に遭わないだろう」と思わないことから始めましょう。

画像引用:マルウエア Emotet の感染活動について「https://www.jpcert.or.jp/newsflash/2019112701.html」より引用

ランサムウェアとは、ウイルスに感染させ、重要なデータやシステムをロックし復旧のために金銭を要求するサイバー攻撃で、その特徴から通称「身代金ウイルス」とも呼ばれています。

実際に被害に遭われたA 社のIT 担当の方から、

ランサムウェア被害イメージ図

ある日突然データが「このファイルは開けません」 と表示され、データが全て閲覧不能になってしまいました。

バックアップを取っていたデータも暗号化されてしまい、最終的に身代金を要求されました。

現場は大パニックで弊社が駆け付けたがもう感染が進行してしまい、手が出せない状態。

というようお話を伺い、いかにランサムウェアが甚大な被害をもたらしたかがわかります。

復元を業者に頼むとPC1台最大80万円、そして復旧まで1~2ヶ月もの期間を要します。中には深刻で復旧できないPC も存在します。



サイバーセキュリティ対策ツール勉強動画

エフセキュア編

Eye247編


お客様と共に
「ブレイクスルー・成長」を
起こす企業として貢献し続けます!

この想いを一言に集約したのが、
「DXで、働くを幸せに」です。

TAKAYAMAは中小・中堅企業専門
サイバーセキュリティ対策支援会社です。

宮城県警警察本部サイバーセキュリティ講演受託回数3回。講演100回超、5,000名以上に講演を実施。

サイバーセキュリティのプロフェッショナルとして、NHKなどのメディアへ出演。

サイバーセキュリティ対策導入実績200社以上。国家試験情報セキュリティマネジメント資格保有者3名在籍。

TAKAYAMAのサイバーセキュリティ対策
チェックリスト
  • Check1 定期的に社員にサイバーセキュリティ対策勉強会をしている
  • Check2 自社のサイバーセキュリティ対策について経営者が理解している
  • Check3 常にOS・ソフトウェアが最新化になる仕組みが出来ている
  • Check4 サイバーセキュリティ対策の情報を定期的に収集し、PDCA を回している
  • Check5 不正送金、ランサムウェア、Emotet 対策が万全に出来ている

NICTERで1年間に観測された
サイバー攻撃回数

セキュリティ事故報告件数の推移

国内のフィッシング被害の
届け出件数

NICTERで1年間に観測された
サイバー攻撃回数

セキュリティ事故報告件数の推移

サイバー攻撃による
想定損失額の目安

個人情報漏洩による金銭被害

80億円

法令違反による制裁金

40億円

純利益への影響

10.5億円

サイバーセキュリティの
3大事実

  1. 90%以上の中小企業にサイバー攻撃を受けている
  2. サイバー攻撃の多様化が進み、もはやウイルス対策ソフトだけでは守りきれない
  3. サイバー攻撃は防御が弱い箇所から感染が拡がっていく

Emotet(エモテット)は、主にメールに添付されたWordファイルやリンクを開くことで感染するウイルスのことを指します。

Emotet に感染してしまうと、端末やブラウザに保存されたパスワード等の認証情報が盗まれしまったり、アカウントが悪用され、Emotet の感染を広げるメールが送信されてしまいます。

画像引用:マルウエア Emotet の感染活動について「https://www.jpcert.or.jp/newsflash/2019112701.html」より引用

自社の「資産」「信用」を失う可能性があるため、しっかりと対策を行うことが重要です。自社の社員や取引先担当者に「なりすまして」ウィルス付きメールを送ってくるEmotet ですが、まずは「自分(自社)は被害に遭わないだろう」と思わないことから始めましょう。

ランサムウェアとは、
ウイルスに感染させ、重要なデータや
システムをロックし復旧のために金銭を要求するサイバー攻撃で、その特徴から通称「身代金ウイルス」とも呼ばれています。

実際に被害に遭われた
A 社のIT 担当の方から、

ある日突然データが「このファイルは開けません」 と表示され、データが全て閲覧不能になってしまいました。

バックアップを取っていたデータも暗号化されてしまい、最終的に身代金を要求されました。

現場は大パニックで弊社が駆け付けたがもう感染が進行してしまい、手が出せない状態。

というようお話を伺い、
いかにランサムウェアが甚大な被害を
もたらしたかがわかります。

復元を業者に頼むとPC1台最大80万円、
そして復旧まで1~2ヶ月もの
期間を要します。
中には深刻で復旧できないPC
も存在します。



サイバーセキュリティ対策ツール勉強動画

エフセキュア編

Eye247編